惜しい。

寝返りまであと少し。

右手が邪魔でこれ以上進めず、泣きながら戻る の繰り返し。